上沼恵美子の子供・長男のスピード離婚原因が衝撃的!次男はえみちゃんねるの構成作家。

Pocket

上沼恵美子さんは関西を代表するローカルタレントで『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』

『快傑えみちゃんねる』『上沼・高田のクギズケ!』『上沼恵美子のこころ晴天』の冠番組と

『わが心の大阪メロディー』ではレギュラー出演者という売れっ子のタレントさんです。

画像出典元:スポニチ

「西の女帝」の異名を持つ上沼さんは、歯に衣着せぬマシンガントークでお茶の間を賑やかしております。

それでいてファンが多いのは、辛口評価の裏側で見せる相手への思いやりに上沼さんのやさしさを見出し、心惹かれるのでしょう。

https://www.instagram.com/p/B60sJjHAu2d/?utm_source=ig_web_copy_link

上沼さんには二人の息子さんがいらっしゃいます。

長男の清太郎さんと次男の裕次郎さんです。

長男の清太郎さんは1978年4月生まれの41歳で現在は上沼恵美子事務所働いており、次男の裕次郎さんは1983年5月生の36歳で、ゆじぇーろ名義で構成作家をされています。

そんな息子さんたちの結婚事情ですが、二人の息子さんのうち長男の清太郎さんはわずか2ヶ月違いで結婚することになります。

長男の清太郎さんは2016年の9月に、弟の裕次郎さんは同年の10月に結婚されました。

次男の裕次郎さんは恋愛結婚でしたが、長男の清太郎さんは20回以上のお見合いを経験し、やっと結婚をすることができました。

長男の清太郎さんは離婚しましたが、次男の裕次郎さんは夫婦仲良く暮らしており、

上沼さんは次男の裕次郎さん夫婦をとても大切にしていらっしゃるみたいです。

上沼は「ただ、嫁さんがかわいい。うちの場合は」と息子の妻との関係が良好であると語った。

デイリー

スポンサーリンク

長男・清太郎の離婚理由は何?

画像引用元:朝日新聞

長男の清太郎さんわずか2ヶ月で離婚しています。

その原因を探ってみました。

上沼恵美子の嫁のしつけ方が半端なかった?

長男・清太郎さんは結婚式をハワイで行いましたが、お嫁さんは帰りの飛行機の中で『この家に嫁ぐのは無理』と周囲に話をしていたそうです。

画像出典元:grape

『この人』じゃなく『この家』といった所が、やはり旦那の長男・清太郎さん一人に問題があったわけではなさそうですね。

別れた原因について、別の知人がこう語る。

「嫁姑問題です。嫁と上沼さんがとにかく合わなかったみたいでね…。

上沼さんは芸能界が長いから、気配りや礼儀作法にはうるさいんです。

でも嫁は若干のんびりした所があって、さっそくハワイでもぶつかったんだとか。

上沼さん、長男夫婦にあたっては結納金から結婚式費用、新居の支度金までかなりのお金を用立てたという話も。

離婚については『どないもこないもあるか! あの嫁は金目当てだったんか!』と怒髪天を突く勢いでした」

引用元:NEWSポストセブン

離婚の原因は嫁姑の確執にあったようですね。

View this post on Instagram

#上沼恵美子 2人、司会者おるでー

A post shared by Tooru Kunishi (@toorukunishi) on

芸能生活の長い上沼恵美子さんが、気配りや礼儀作法に厳しく、少しのんびりした性格のお嫁さんが耐えきれなかったんだとか・・・。

ノアのトレンドNAVI

何も上沼さんが長男のお嫁さんに意地悪をしているわけではないと思います。

しかし人によっては「いじわるされている」と捉えられるかもしれません。

優しさの定義は人それぞれ違うものです。

良かれと思って言ったことも悪く解釈されてしまうこともあるでしょうし。

いくら”いい人”同士でも違う環境で育った人間同士。

長男夫婦には幸せであってもらいたい、と思ってのお嫁さんへのアドバイス。
それが仇になってしまうってことを上沼さんは気付かなかったのでしょうね。

そして出した結論は“同居はダメ”と。

「同居なんてなんのためにするのか。みんな不幸になる、私はそう思います」と断言。「だから今、私は姑ですけどまったく離れてます。絶対に寄せつけない」と息子夫妻とは距離を置いていることを述べた。

引用元:デイリ

上沼恵美子が息子たちを甘やかせた

清太郎さんの離婚については清太郎さんご本人にも問題があったのではないでしょうか?

もしお嫁さんが上沼恵美子さんに不平不満があるのなら、別居しようとを旦那である清太郎さんに提案するはずです。

そのあたりは想像の域を超えませんが、恵美子さんは子供のころから清太郎さんを溺愛しており、甘えん坊で育ってきたのではないでしょうか?

上沼恵美子さんの息子さん、ご長男の清太郎さんは1978年4月に生まれています。小さな頃からかなり溺愛していて、甘かったようです。

引用元:Men’s Modern

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする