全財産を投入!渡辺直美がNYに自宅を購入した理由がヤバい! 間取り・内装が豪華すぎる!

Pocket

ビヨンセの物まねで一気に人気者になった渡辺直美さん。

それからも芸能界で地道な活動を続け、2019年より日本とニューヨークを行ったり来たりの生活を始め、2020年にはニューヨークに移住するまでに至りました。

売れっ子になってから住んでいた日本でのマンションの家賃は53万円であることを公開した渡辺直美さんですが、この度、ニューヨークで自宅を財産をはたいて購入したことでも話題となりました。

財産をはたくからには、採算がとれるだけの仕事があると思いきや、アメリカで認知されている渡辺直美さんといえど、まだまだ豪邸を購入できるだけの目途が立っていません。

しかしそこには失敗を恐れない、どころか敢えて失敗をしたい、しておきたい、という考えが決断の背景にありました。

今持っているものをすべて失くしても、またゼロから始めればよいという精神を持つに至るまでには、失敗を恐れてチャンスを掴めなかった渡辺さんの過去の反省があったのかもしれません。

画像出典元:NAVERまとめ 気になるあのエンタメ 

スポンサーリンク

20代でやり残したことは”失敗”だった

現在は32歳の渡辺直美さんですが、25歳でピカルの定理が終了し、翌26歳でいいともが終了。

その後、吉本の反対を押し切って3か月間のニューヨークに留学、29歳でニューヨーク、ロンドン、台湾で単独ライブを強行するなど、失敗を恐れない、積極性な性格が見られます。

が、それでも20代のころは失敗や世間の目を恐れて行動にブレーキがかかり、自分らしさを出せなかったという後悔があります、と渡辺直美さんは言います。

気持ちはわかりますよ。

芸能界なんて地道な努力を続けて、やっと人気が出たと思っても、些細な躓きでもどん底に落ちますからね。

華やかな世界で活動をしている芸能人でもビクビクしながら芸能活動を行っている多いのではないでしょうか。

そんな中、渡辺直美さんは20代の後悔を踏まえて30代では失敗を恐れない、どころか10年先のために敢えて失敗をしておきたい渡辺直美さんは言います。

人間は誰でも生まれて瞬間は0。

失敗しても0からやり直せばよい。

そう思い始めたのかも知れませんね。

ニューヨークで自宅を全財産を叩いて購入したのも失敗を恐れないマインドあったからでしょう。

土地の値段が高いニューヨークの一軒家をキャッシュで購入したのですが数十億円の値段はついているはずです。

男前ですね。

ニューヨークでの自宅を公開

2019年よりニューヨークでも活動を始めた渡辺直美さんですが、この頃は日本とニューヨークを1週間ずつ往復しておりまして、ニューヨークではアパートに住んでいました。

画像出典元:渡辺直美オフィシャルブログ

このニューヨークでのアパート生活から一変して自宅を購入。

「去年の1年間でニューヨーク行ってみて『これは私の行く隙間あるかな』って確信ができたら、ニューヨークにガッツリ住もうって思ってたんで。

1回日本に帰ったら戻らなくなっちゃうんじゃないかと思って、向こうに家を買いました」とニューヨークに自宅を購入したことを赤裸々に告白した。

引用元:modelpress 

でも物価の高いニューヨークシティー。

さぞかしお高い買い物では?

40坪で1億円以上の相場ですので、広さから見ておそらく数億円の値段がついているでしょう。

今年8月11日に放送されたフジテレビ「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」に出演し、ニューヨークの自宅をテレビ初公開しました。

画像出典元:YOKOHAMAトレンド速報 

画像出典元:YOKOHAMAトレンド速報 

家を購入するにあたり、最初に気に入った家は日本円で70億円だったと話す渡辺直美さん。

ニューヨークは何をするにも物価が高いですからね。

他国に家を一軒買うために全財産を使うなんて、大物の貫禄ですね。

日本でも港区に家賃70万円の豪邸に

2016年の夏には居住しているアパートが汚いので、清掃業者に頼んで綺麗にしてもらったが100万円の経費が掛かったとテレビで公表していた渡辺直美さんですが、2017年4月26日に「今夜くらべてみました」で放送された自宅マンションのはかなり豪華なものでした。

画像出典元:芸能人の自宅公開まとめブログ 

金持ちの家は綺麗と言われますが、貧乏時代の渡辺直美さんの部屋と港区の豪華マンションとでは綺麗さが違いますよね。

〇お金がない時は安いものを見つけると、安いうちに買っておこうとつい購入してしまい、結局、使わず不用品として貯めっていく。

〇お金がない時は心にも余裕がなく、整理整頓をする気持ちがない。

〇風水的にお金がある人には高価なものが寄ってくる。

と、どういうわけかはわからないですが、実際に渡辺直美さんの貧乏時代と金持ち時代とでは居住地が全然違いますよね。

画像出典元:気になるあのエンタメ 

金持ちは不要なものは買わない、要らないものは捨てるという人が多いです。

渡辺直美さんも、今要らない物は買わない主義になったのでしょうか。

今では欲しいものはいつ何時でも手に入りますからね。

画像出典元:有名人自宅情報

忙しい毎日のはずなのに以前のように部屋は荒れていないですね。

画像出典元:気になるあのエンタメ 

2018年10月17日放送の「今夜くらべてみました」の企画『豪華女子会SP』では東京タワーが一望できるマンションでの女子会が放送されました。

噂ではここは港区で家賃53万円とのこと。

しかし今年の春にはニューヨークの豪邸に引っ越したために、現在日本でのお仕事はホテルに泊まっているものと考えられます。

ニューヨーク進出はネタ作りのため

2008年1月2日放送の『新春大売出し!さんまのまんま』(関西テレビ)に今田耕司一押しのお笑い芸人として紹介され出演し、ビヨンセのものまねで2曲を披露。

渡辺直美さんが20歳の時です。

ビヨンセの持ち歌「クレイジー・イン・ラブ」をパロディー、口パクで歌いながら激しく振り付けをモノマネする芸でブレイクのきっかけをつかみました。

同年3月31日よりいいとも青年隊の「いいとも少女隊」でレギュラー出演

2010年4月2日で終了するも、2011年10月より2014年3月まで

月曜レギュラーの座を掴みます。

2011年4月16日からピカルの定理のレギュラーに抜擢。

そして時が経て、2013年9月4日 ピカルの定理が2014年3月31日でいともが終了します。

自分を出し切った感があり、もうネタがない、と悩んだ渡辺直美さんが決めた行動はニューヨーク留学です。

ニューヨークにはヤバいやつが多そう、ここでならまたネタができる。

発想は単純ですが、そこには渡辺さんをニューヨークに導くための運命があったのかもしれません。

所属事務所の吉本に反対されながらも2014年には3か月間のニューヨーク留学を果たし、そこで型にはまらなくても良いんだと悟った渡辺直美さん。

2016年10月にはニューヨーク、ロンドン、台湾で数千万円の自腹を切って単独ライブ開催します

画像出典元:ニューヨークビズ

こうして階段を一歩一歩上り詰めてきた渡辺直美渡辺さんは今ではニューヨークでも地名が上がっているようです。

今後の益々の活躍が楽しみです。

まとめ

〇 ビヨンセのモノマネで一躍有名に

〇 30代では失敗を積極的にしたい

〇 レギュラー番組が終わりネタがなくなりNYへ

〇 NYに惹かれ、数億の財産を叩いて自宅購入

〇現在は日本とNYで仕事を掛け持ちしている

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする