台湾で無料利用できる主要Wi-Fiスポット2選

Pocket

台湾は無料で使えるWi-Fiスポットがとても多い国として知られています。

主要ホテルであれば、宿泊するお部屋でも無料Wi-Fiを使うこと可能。

台北などの都市部だけであれば、空港などで契約できる有料のWi-Fiは必要ないでしょう。

しかし、台湾で使える無料Wi-Fiは現地の言葉で記載されていることが多いため、少し難しく感じるかもしれません。

日本の無料Wi-Fiと異なり、使用までの登録手続きにコツが必要です。

この記事では台湾で無料で利用できる主要Wi-Fiスポットとその使い方について解説していきます。

スポンサーリンク

iTaiwanの利用方法

iTaiwan』は台湾のかなり広い範囲で提供されている無料Wi-Fiです。

各地域ごとに提供されている無料Wi-Fiと相互利用できるので、一度登録しておけば簡単にWi-Fiへ接続できます。

相互利用できるWi-Fiは『Taipei Free』『New Taipei』「iTaichung」『Tainan-Wi-Fi』などがあります。

iTaiwanを利用するには台湾に入国後、空港の観光局トラベルサービスセンターのカウンターで利用登録をする必要があります。

パスポートの提示も必要。

忘れずに登録を行っておきましょう。

なお、空港で登録をする前にオンラインで事前登録をしておくとスムーズに手続きを完了させることができます。

iTaiwanの事前登録サイトは日本語に対応されていました。ぜひ登録しておいてくださいね!

https://itaiwan.gov.tw/en/index.php

Taipei Freeの利用方法

Taipei Free』は台北市が提供している無料Wi-Fiです。

MRTの駅や公共施設、夜市などで利用できる便利な無料Wi-Fiです。

以前は外国人客でもネット登録だけで無料Wi-Fiを利用することができましたが、現在は基本的に台湾在住者だけ簡単に利用できるように仕様が変更されています。

日本からの観光客が利用できるのは以下の2パターン。

①iTaiwaniのアカウントを利用

②台湾の電話番号で登録(プリペイドSIMの登録が必要)

iTaiwaniのアカウントがあれば、Taipei Freeの利用できるエリアでIDとパスワードを入力すればすぐに登録が完了して無料Wi-Fiを利用できます。

Taipei FreeはiTaiwaniが提供されていないエリアで活躍してくれそうですね!

台湾の電話番号で登録する場合はSMS(ショートメッセージ)を受信する必要があるため、現地で登録を行う必要があります。

まとめ

台湾で無料利用できる主要Wi-Fiスポットを2つ紹介しました。

この他にもセブンイレブンや空港、ホテルでも無料Wi-Fiを利用できます。

無料Wi-Fiを上手に活用して台湾を楽しんでくださいね!

台湾で絶対買っておきたい定番おみやげ4選

台湾で行っておきたいおすすめアウトレットモール!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする