スイスの首都はどこ?(名前は?)ジュネーブ?ベルン?チューリヒ?なぜ決まったの?

Pocket

スイスは治安も世界で見ても非常に良く女性の一人旅としても最も人気の国です。

スイスのアルプス草原は綺麗で絶景ですよね。

一度は見てみたい風景です。

https://www.travelbook.co.jp/topic/345より引用

そんなスイスですが首都について様々な意見があり、ジュネーブ?ベルン?チューリヒ?とみなさんどこが首都か混乱しているようなので、首都の場所や、なぜそこの場所に決まったのかについても説明していきますね。

http://syumitanoshimu.blog16.fc2.com/blog-entry-2349.htmlより引用

ベルンは、スイスのおよそ中心の位置にあります。

チューリッヒ・クローテン国際空港からは、電車で1時間程度で30分に1本直通電車があるようです。

ベルンは、スイスで5番目に人口が多い都市です。

スポンサーリンク

スイスの首都はどこ?

スイスの首都はベルンという世界遺産と言われている街になります。

https://www.mapple.net/global/column/c_switzerland/c_bern/bern-6-best-places/より引用

世界遺産と言われているだけあり、中世ヨーロッパ時代にタイムスリップしたかのような風景が並んでいるのが特徴です。

屋根は赤茶のレンガ色に統一されており街には100箇所以上ある水飲み場が有名ですね。

日本でもよく聞くアルプスの天然水と言われているように、スイスは水の国としても有名で、水飲み場などでも特に張り紙などで注意書きされてない以上は、飲料水として飲んでも大丈夫なんですよ。

日本も水はきれいだと思っていましたが、その辺の水はなかなか飲めないですよね。

またベルンは、アインシュタインが相対性理論を発見した場所としても知られており、アインシュタイン夫妻が住んでいたとされるアパートは、アインシュタインハウスとして一般公開されています。

ベルンに来たら立ち寄りたいスポットの一つですね。

なぜ首都に決まったの?

なぜ首都がベルンに決まったかというと、本来首都というのは、その国の最も人口が多い場所を選ぶのですが、それだとスイスは、チューリヒが首都になるはずなのですが、スイスは例外でベルンになりました。

もともとスイスは首都を長い間定めず、ベルンが首都になってまだ170年ほどなのです。

理由としては権力の一極集中を避けるという事が狙いだったようですね。

まとめ

スイスは、本当に景色がよくて、映像で見ていても合成してる?というくらい絶景です。

首都は、ベルンですがあまり大きい都市ではない為、今だにチューリヒが首都だと思っている人も多く特に観光客の人は、チューリヒが首都と思ってる傾向にあります。

でもスイスは、首都のベルンもチューリヒも観光にはオススメの場所である事は間違いありません。

いろんな歴史が詰まって、水も美味しいし、絶景が建ち並ぶスイスは一度は行ってみたい国の一つとして多くの方に支持されているのも納得ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする