男性、女性の顔の黄金比の測り方とは?黄金比マスクに合っている芸能人は誰!

Pocket

人として生まれてきた限りはやはり美男美女でありたいですよね。
顔の良し悪しというのはただの評価ですので、人によってばらつきはありますよね。
”キムタクって男前”という人は多いですが、”キムタクが良いとは思わない”という女性もいます。

しかし、どう見ても男前、誰が見ても美人といわれる人には共通した顔の比率があります。

顔の黄金比率と言われるものです。

スポンサーリンク

黄金比とは?

黄金比とは、1: (1+√5)/2のことです。

だいたい約5:8になり、この比率が美形だと言われています。

5㎝×8㎝の長方形が一番美しいということになります。

名刺もこの比率で作られているものが多いです。

黄金比率に合っている有名男性女性芸能人は誰?

この黄金比を美男美女の証として利用したものに黄金比マスクというものがあります。

ただ、どことどこが5:8の比率になっているかどうかの検証はできませんでした。

ただ視覚的にバランスよく見える顔には決まった比率があるということを黄金比という言葉を使っているかもしれません。

目の幅が顔全体の幅の1/5
髪の生え際~眉頭:眉頭~鼻先:鼻先~顎先 = 1:1:1
眉山~顎先:左右の頬骨のでっぱりの幅 = 1:1の比率が黄金比です。

この黄金比を使ってモナ・リザが描かれたと言われています。

日本では男性では福山雅治さんや福士蒼汰さんがマスクにほぼすっかり当てはまります。

日本女性では佐々木希さんや白石麻衣さん、橋本環奈さん、ローラさんが当てはまります。

黄金比の測り方は?

では自分でどうして黄金比を測るのでしょうか?

アプリで自分の顔を黄金マスクにあてはめることができます。

これで自分の短所を見つけ表情筋トレーニングやメイクで黄金比の近づけることができますね。

あとはデッサンで美しく見せる人体比というものがあります。

①頭のてっぺんから両目までと両目から顎までの長さが同じ
②頭のてっぺんから眉毛の上までと眉毛から鼻の下までと鼻の下から顎の先までが同じ
③耳の長さと両目を結ぶ線の中央から鼻の下までと同じ
④口の横幅は二つの瞳の距離と同じ

黄金比は合わない?

黄金比はそもそもエジプトの古王国時代に遡ります。

その後、美しい顔を黄金比にあてはめるという形になったのはヨーロッパだと言われています。

従って、黄金比を日本人に当てはまるのは間違っているという考えがあります。

しかしながら上に述べた女性芸能人の他にも広瀬すずさんや沢尻エリカさん、深田恭子さんや新垣結衣さん北川景子さんも黄金比に当てはまることから、やはり黄金比は美しさの尺度にあてはまるのかもしれません。

とはいえ、日本人の男性の好みとしては「ポチャ」という言葉が出てくるように卵型もまたモテるための条件です。

整形とまではいかなくても女性の方なら丸みを持たすメイクが良いかもしれませんね。

顔の下半分を鍛えなさい

一方、顔の下半分を鍛えると美人になれると言われてるのは歯科医の是下伸子さんです。

ブスか老け顔かを決めるのは顔の下半分で決まると言われています。

是下先生の提唱される顔下半分とトレーニングは女優の藤原紀子さんも実践しているとのこと。

確かに私も鼻の下がかなり長くなっています。

しかし鼻の下の皮膚が伸びるわけではありません。

鼻の下の立体感が無くなり伸びて見えるだけです。

黄金比に合わなくても顔の下半分を鍛えればいかがでしょうか?

まとめ

男も女も”顔”じゃないと言われます。

確かに顔さえよければ良いってもんじゃありませんよね。

でも見た目の印象は大きいです。

見た目は良いほうがいいことは決まっています。

顔の筋肉(表情筋)を鍛えることは、実はとても簡単です。

少し頑張って若返りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする