初めての海外への一人旅 安全なおすすめツアーは?英語話せないけど大丈夫?持ち物の準備を紹介!男の旅行も紹介!

Pocket

今年こそは海外旅行に行きたいと思う中で、いったいどこの国にしようかと、迷っている人も少なくないと思います。

同様に、出来るだけ荷物にならないようにどんな準備をすれば、いいのか知りたいものです。

そこで、旅行会社勤務経験だけでなく、バックパーカーで世界各地を見て回った自身の経験を踏まえて、初めての女子の海外への一人旅について、ご紹介致します。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO33274700T20C18A7000000/より引用

スポンサーリンク

初めての海外旅行。何を準備すればよいの?持ち物は?

先ず基本になりますが、パスポートと、国によってはビザの取得が義務付けられています。

初めての海外旅行で行くような国の中では、ほとんどビザ無しで入国出来ます。

また、ロシア等ではビザ取得が義務付けられているので、その際は旅行会社や取得代行会社に頼むのをお薦めします。

基本的に荷物は、国内旅行と同じ感覚をベースとし、普段歩き慣れた靴で観光をすると身体に負担が掛かりません。

ヨーロッパの国々では、服装の規定にあたるドレスコードを設けているところがあります。

高級なレストラン等へ行く際には正装が必要となってきますので、「ドレスコード 行き先名」で、検索をしてみてください。

パソコンをされる人はWi-Fiルーターを持って行くと便利で、よく通話をするのであれば、現地で使える携帯電話をレンタルした方がお得な場合もあります。

海外用電源プラグ変換アダプターに加え、携帯電話とカメラ類の充電器も用意をしておくと良いでしょう。

液体が100ml以内の容器やスプレー入りの化粧品や洗顔料・メイク落とし、現地で直ぐに購入出来ない場合もあるので、生理用品も用意しておくと安心です。

寒い国に行く場合は、防寒対策が必要になり、ユニクロのヒートテック製品やホッカイロがあると便利です。

暑い国だと虫除けスプレーや日焼け止めをはじめ紫外線対策グッズがあると助かります。

海水浴やマリンスポーツを楽しまれるのであれば、水着が必要で、現地では好みのデザインが中々ないので、日本で事前に購入しておくことをおすすめします。

貴重品の管理についてはセキュリティポーチが人気です。

また、長めの旅行になりそうな場合は、旅行用シークレットベルト腹巻き仕様のスリムガードが役に立ちます。

お金の管理ではトラベラーズチェックは海外旅行に行った感を味わえますが、今はむしろ海外プリペイドカードが主流になってきています。

英語が話せないと不安に思っている人は、旅の指差し会話帳や飜訳アプリを事前に用意しておくと良いでしょう。

中には、現地で語学を学べる短期間でも申し込める、ツアーを催行している旅行会社もありますので、お見逃しなく。

女子でも行けるおすすめの安全な国やツアーの紹介

各旅行会社も最近は一人から参加出来るツアーを募集していますので嬉しいです。

女子一人旅の海外でおすすめなのが、添乗員付きのツアーですが、中でも人気なのがヨーロッパです。

絵はがきから抜け出してきたような風景が広がるドイツルクセンブルク、味わい深い街並みのロンドンに花の都パリや雑貨が可愛い北欧が人気です。

https://www.skygate.co.jp/sa_city/oversea/de_tourism_feより引用

https://www.skygate.co.jp/sa_city/oversea/lu_airport_feより引用

https://www.hankyu-travel.com/uk/london/より引用

https://www.arukikata.co.jp/city/PAR/より引用

まるで自分が映画のシーンの中に入り込んだような気分になれるイタリアは食べものも美味しいです。

大自然と都市周遊両方楽しみたい人には、カナダオーストラリアニュージーランドがお薦めです。

https://www.hankyu-travel.com/guide/canada/より引用

https://www.iae-ryugaku.net/column/au-3-points/より引用

https://schoolwith.me/columns/31788より引用

添乗員付きだと費用が幾分高くなりますが、ある程度ホテルのグレードが確保され、他の大手の旅行会社よりリーズナブルなのが阪急旅行社です。

費用を抑えて楽しむのであれば往復の航空券と現地のホテルがセットになったツアーに申し込むのが一番です。

台湾シンガポールマレーシアのように親切な人が多い国では、現地の人たちとの触れあいも楽しみです。

https://www.travel.co.jp/int/taiwan.htmlより引用

https://tabippo.net/singapore-basic/より引用

https://araki-takashi.com/language/より引用

台湾は親日家が多く、日本人の口に合う食べものも多いので、初めての海外への女子一人旅にもっともお薦めです。

旅の指差し会話帳や飜訳アプリを使って、台湾で使われている中国語でコミュニケーションを図る楽しさもあります。

男の海外一人旅ならここ

スパ・エステ・マッサージの天国で有名な微笑みの国タイですが、男の海外一人旅にも人気です。

https://www.travelbook.co.jp/topic/153より引用

近年ブームになっているのが、バンコクの摩天楼を望みながらビールを楽しむルーフトップバーです。

https://www.skygate.co.jp/sa_city/oversea/bkk_k271_feより引用

フカヒレやタイスキ等美味しいものありますが、日本食レストランがバンコクには点在しているので、初めての海外一人旅も安心です。

時間に余裕があれば、アユタヤ観光や欧米人の中長期滞在者が多いチェンマイへ出掛けてみるのもいいかもしれません。

チェンマイは1日・1週間・1ヶ月と、ゲストハウスやサービスアパートメントの中では、滞在期間を選べるサービスを用意しているところがあります。

https://manablog.org/chiang-mai/より引用

1ヶ月以上の滞在になると割引も可能で、物価もおおよそ日本の3分の1なので、気軽に海外生活体験が出来ます。

フレンドリーな国民性で知られているのがタイ人であり、夜遊びが出来るところも多いので、はまる人も少なくありません。

滞在中は「サワデイー・クラップ!」や「コップン・クラップ!」等、「こんにちは」や「ありがとう」と言った簡単なタイ語を使ってみましょう。

ヨーロッパに目を向けると、男の海外一人旅におすすめなのが、ポルトガルです。

http://english.cheerup.jp/article/5470より引用

スペインと世界を二分するほどまでの大航海時代の主役の一つの国だったポルトガルは、ノスタルジックな雰囲気がたまらないと評判です。

お酒好きの人にはチェコがおすすめで、一人あたりのビールの消費量が世界一であり、ビアホール巡りと言うのもいいかもしれません。

https://skyticket.jp/guide/124149より引用

スペインでは、ビール等のドリンクを頼むとフリーサービスのおつまみ、タパスが付いてくるバルで一杯やるのも良さそうです。

https://www.spintheearth.net/useful-spanish-phrases-on-shopping/より引用

カジノに興味がある人はラスベガス以外に、身近なところではマカオが人気です。

マカオは22個の建造物と8個の広場と言った多くの世界遺産が存在し、街並みだけでなく食べものも中華と西洋が混在している、独特の世界観を楽しめます。

https://www.ab-road.net/asia/macau/macau/より引用

まとめ

初めての海外一人旅となると、準備の段階から新鮮なことだらけになります。

解らない用語があればネットで調べる、或いは旅行会社の担当者や海外通のお友達に早速内容を尋ねてみましょう。

その時点で既に積極性が身に付き、新しい自分との出会いも同時にはじまっているのです。

見知らぬ人たちが行き交い、外国語と言った聞き慣れない言葉が飛び交う中で、現地の人たちとの触れあいも楽しみです。

旅行会社在職時代、海外旅行の添乗員の際にツアーの最後の挨拶での言葉を紹介致します。

旅には三つあり、先ず行き先を決めて準備をするのが一つ目で、二つ目は実際のツアー、そして三つ目は後で振り返ってみて心に残る旅です。

今ではインターネットの充実により、現地の情報も手に入りやすくなりました。

行き当たりばったりの旅も確かに面白いですが、事前にやってみたいことを幾つか計画しておくといいかもしれません。

どうぞ皆さん、後で振り返ってみて心に残る海外一人旅を楽しまれて来てください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする