海外の税金の種類は? 税金が高い国と安い国を比較!1,000円課税って何? 返金制度ってあるの?(続)

Pocket

https://xn--zck9awe6dx83p2uw267du0f.com/abouttax-taisaku-foreign/

スポンサーリンク

出国税って何?


https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1160904.htmlより引用

ビジネスでの出張、プライベートで海外旅行に出かける日本人や海外から訪れる外国人が、日本を離れる場合に課税される税金を言います。

2019年1月7日から適用されています。

航空券と空港使用料と一緒に1回につき1,000円を支払うことになっています。

この税金の目的は、「快適旅行の環境整備」「情報の入手の簡便化とお客様の満足度の向上」のために使うことにあります。

日本から離れるすべての出国者が対象になり、国籍も問わず課税されます。

2歳未満の子供や緊急事態で日本に戻った方は対象外になります。

この1,000円の徴収方法は、航空券などを購入する際に上乗せする形になります。

この税金は、今や多くの国が導入しています。

海外旅行でブランド品を買うと税金が返金(払い戻し)される?

https://www.tour.ne.jp/question/answer_44.htmlより引用

ブランド品のように高額なものを買った場合に「TAX FREE」などの表示がある店舗では、税金が還付されます。

いわゆる付加価値税になります。

まず払い戻しを受けるには「パスポート番号と宿泊ホテル名」を免税書類に正確に記入しましょう。

つぎに買い物をした国の出国税関で、その書類と買った商品・パスポートを提示して確認のスタンプを押してもらいます。

これがないと税金の返金がなされませんので注意が必要になりますね!

①払い戻し対象商品は、必ず窓口に持参してください。

②商品は未開封が条件になっています。

この2点も税関の手続きでは大変重要になりますので併せて注意してください。

日本での払い戻し手続きは、主に成田空港・関西空港のキャッシュ・リファンド・カウンターで日本円にて返金がなされます。
また郵送や振込でも払い戻しが可能ですのでご安心ください。

まとめ

AIも含めそのグローバル化の速さは留まることがありません。

気軽に海外への移動できてその利便性に気を取られ過ぎて、様々な恩典のあることを忘れることなく適切な手続きをして楽しみましょう。

海外の税金の種類は? 税金が高い国と安い国を比較!1,000円課税って何? 返金制度ってあるの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする