海外でのお仕事3 海外で短期で働きたい!どこの国でどんな求人がある?ビザは必要?

Pocket

海外で働いてみたい!

または、海外に住んでみたい!

など、海外での生活に憧れを持っている人も多いと思います。

でも、最初からずっと移住する予定で海外に行ったり、海外で仕事を探すのは、ハードルが高いように感じますよね。

短期で働いてみたいと思った時、どんなお仕事があるのか?
旅行では無いわけだから、ビザは必要なの?など

疑問がたくさんありますよね。

今回は海外で短期で働く方法やビザについてまとめました!

https://success-job.jp/kaigai01/kaigaidehataraku/より引用

スポンサーリンク

短期で海外でお仕事。どこの国にどんな求人があるの?

まず、短期で海外でお仕事をするには、色々な方法がありますが、安全な方法として
2つご紹介します。

ワーキング・ホリデーと海外インターンシップです。

ワーキング・ホリデーとは、2ヶ国間の国家協定に基づき、両国の若者が相手国で生活し休暇を楽しみながら、より深い文化理解を実現する目的の為に締結された制度です。

https://www.world-avenue.co.jp/country/au/au-whより引用

あくまでも、文化理解が目的です。

しかし、そのために長期間滞在するためには費用が必要なので、それを働いて稼いでも良いですよというビザになります。

現在ワーキング・ホリデー協定を日本と結んでいる国は、なんと22ヶ国もあります。
オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・韓国・フランス、ドイツ・イギリス・アイルランド・デンマーク・台湾・香港、ノルウェー・ポーランド・ポルトガル・スロバキア・オーストリア、ハンガリー・スペイン・アルゼンチン・チリ・アイスランド・チェコです・

期間は1年間(イギリスは最長2年まで)となっており、定員が決められている国もあります。

※最新情報は、ご自分で必ず確認してくださいね!

応募条件が国により決まっていますが、年齢制限は30歳以下です。

アルバイトや就労も自由にできます。

求人の内容も、自分の語学力に合わせて様々ですが、カフェなどの飲食系でのアルバイトや
スーパーなどのレジなどは割と探しやすいようです!

また、就学も期間が決まっていますが出来るので、ネイティブな環境で言語を学ぶことも出来ますね!

海外インターンシップは数週間の短期の期間から1年以上の長期まで、様々な国でインターンシップとして働くことが出来ます。

https://www.tigermov.com/info/detail/25より引用

学生でも社会人でも参加でき、受け入れてくれる海外の日系企業やローカル企業も増加傾向にあるようです。

人気なのは、アメリカ・カナダ・シンガポールなどの経済大国です。

インターンシップ先の企業で正規雇用を勝ち取り、海外就職する人もいます。

短期は約3週間から、長期でも1年ほどで、短期の場合は無給、長期の場合は毎月報酬が出る場合が多いようです。

ただ、これらの情報を一人で探すのはかなり無謀なので、紹介し繋げてくれる会社に相談するのが良いかと思います。

短期での仕事でもビザが必要?

http://journal.onevisa.jp/steps-to-change-visa002より引用

必要です!

そもそも、短期であっても仕事をするためには就労ビザが必要になります。

就労ビザを取得せずに無許可で働くと不法な就労となってしまい、罰せられてしまいます。

就労ビザは、特殊な場合を除いて、主に事業主が行います。

ということは、海外で仕事をしたい場合はまず就職を決めないといけないのです。

ここで、活躍するのが先程紹介した、ワーキング・ホリデー制度です。
これは、最長1年間(イギリスは2年)の間、就労や勉強を認めてくれるビザになります。

ワーキング・ホリデー制度でとったビザを利用して、興味のあるお仕事にチャレンジしてみてもいいですし、海外インターンシップなどに参加してみるのも良いでしょう。

まとめ

ワーキング・ホリデーと海外インターンシップについてお話してきました。

海外は、日本とは異なった文化やお仕事に出会える、とても刺激のある場所だと思います。

行ってみたいと思ったときが、一歩踏み出すときです。

是非、チャレンジしてみてくださいね!

海外でのお仕事1 英語できないけど求人はあるの?日本語OKの職場は?ハワイで日本人の求人状況は?

海外でのお仕事2 海外で女性に適している仕事は?どんな資格が有利?国名や職種を解説!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする