イルカの知能指数って人間の年齢で何歳になるの?他にも賢い動物とイルカとクジラとシャチの違いを解説!

Pocket

今日、たまたまイルカの話になりまして。
イルカのショーも楽しいけど、訓練時に調教員と触れ合うイルカがとても愛らしいと。
何だか想像するだけでホッコリしますよね。

スポンサーリンク

イルカの知能指数とは?

頭の良い動物と言えば、真っ先に頭に思い浮かぶのがチンパンジーでしょうか。
他には犬とかカラスとか。

でもイルカもとても頭が良い動物だということは周知の事実ですよね。

イルカのご機嫌が良いときは本当に笑っているように見えますよね。

まるで人間と同じように感情を共感しているようです。

実際に鏡に映った自分の姿を認識できるという研究もあります。

このようにイルカの知能は人間の6歳レベルの知能と言われています。

芸をしたら餌をもらえるという計算力や記憶力もありますし、超音波を使って仲間と交信していることから音響情報能力は人間より上です。

しかしすべてのイルカの知能が高いかと言えば実はそうではなく、”イルカのショー”で馴染みのあるカマイルカやバンドイルカ、シロイルカの一部の種類だけのようです。

水族館にいるハナゴンドウ、イロワケイルカ、スナメリ、オキゴンドウやカマイルカでは同じように調教しても覚えられないようです。

イルカとシャチとクジラ

イルカと同じようにクジラやシャチも哺乳類ですよね。

イルカとクジラやシャチは生物学的にどのような違いがあるのでしょうか?

実は大きさの違いだけなんです。

鯨類(げいるい)クジラ目ハクジラ亜目に分類され、体長が4~4.5m以下の小さいものをイルカ、6~9mとイルカより一回り大きいのがシャチ、それよりさらに大きいものがクジラなんだそうです。

ただシャチの性格は荒く、イルカを襲ってしまうこともあります。
そういう意味ではシャチは攻撃者、イルカは被害者です。

その影響のためなのか、シャチは襲う、イルカは逃げるという性質があり、道具を使う演技を教えるときは、イルカよりシャチの方が圧倒的に早く覚えます。

賢い動物は?

〇豚

上述しましたように頭の良い動物はシンパンジー、犬、カラスですが、他にも豚も知能指数が高いと言われています。

長期記憶実験においては犬より勝っています。

〇像

像もイルカと同じように鏡に映った自分の姿を認識することができます。
また数百種類もの音を聞き分けわけることもできます。

〇アシカ

アシカのショーでお馴染みのカリフォルニアアシカ。
難しい演技も覚えていますよね。

「笑うアシカ」が一時4、話題になりましたが、確かにアシカにはコミュニケーション能力があります。

イルカと協力して戦略的に小魚を捕まえます。

鰭脚類ではアシカの他セイウチやアザラシも芸を覚えることができます。

まとめ

賢い動物についてまとめてみました。

ある分野では人間より高い知能を持ち合わせている動物もおり、自然界には興味を持たされますね。

イカやタコも知能が高いという報告もあります。

こんな動物たちの能力を活かせれば、この世に存在するすべての生物がより幸せになることができるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする