脱マンネリ!ハワイ旅行で味わうべき裏名物3選

Pocket

海外旅行というものが身近になり、それこそ今は国内の日帰り旅行と同じような感覚で海外旅行を楽しむ方も少なくありません。

海外旅行と一口に言ってもいろいろな行先があるのですが、その中でも定番となっているのがハワイです。

ただ、気軽に行けるハワイだからこそ、マンネリ化しているという方も多いのではないでしょうか?

ここでは、そんな方にこそおすすめしたいハワイの裏名物をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

好き嫌いがわかれるかも?
ハワイのソウルフードであるポイ

https://highfive-aloha.com/hawaii-poi-food/より引用

ハワイの郷土料理にポイと呼ばれるものがあります。

蒸したタロイモをペースト状にして、それを発酵させて食べるというものです。

タロイモの色とドロッとした形状からかなり見た目にはインパクトのあるものに仕上がっているのですが、味も独特です。

ただ、ハワイのソウルフードですし、好きな人はとことんハマるメニューです。

そのまま食べることもありますし、他のメニューに混ぜて食べることもあります。

最近ではポイをパンケーキにしているようなところもあるようです。

ハワイのごちそう!カルアピッグ

https://welove.expedia.co.jp/destination/usa/19435/より引用

ハワイというとロコモコガーリックシュリンプなどが有名ですが、カルアピッグも是非味わっておきたい裏名物です。

日本ではあまり見聞きしないかもしれませんがハワイでは宴のときのごちそうです。

もともとは土の中に穴を掘り、そこに塩をすり込んだ豚を丸ごと入れて、時間をかけて蒸し焼きにするというものです。

もちろん、今はオーブンを使って調理されるのですが、旨味がぎゅっと凝縮されて、絶品です。

日本では珍しいマヒマヒ

46426727 – seared mahi mahi fillets with vegetables and sauce

https://welove.expedia.co.jp/destination/usa/19435/より引用

ハワイに行ったときにマヒマヒが気になったものの、よくわからなくてオーダーしなかったという方も少なくありません。

マヒマヒはシイラという魚のことです。

日本ではあまり食べる機会はないでしょう。

だからこそ、ハワイで味わっておきたいところです。

基本的にはグリルしていただくのが一般的なのですが、シンプルだからこそ料理人の腕が問われます。

お店によって火の通し具合やソースも異なりますので、いろいろなお店で食べ比べをしてみてもいいかもしれません。

日本国内では魚を食べる機会が減っているという方がほとんどでしょうから、海外旅行の際には普段あまり食べないものや食べられないものにチャレンジしておきたいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする