ハンガリーは何故温泉が多い?歴史と火山との関係。湖が温泉?温泉の入り方を紹介!冬でも温泉でチェスができる。

Pocket

日本の文化に古くから馴染みのある温泉ですが、実はハンガリーでも古くから国民の癒しとして受け継がれていたのですよ。

何故ハンガリーで温泉が多いのでしょうか

その温泉の歴史火山との関係や湖の温泉の謎日本とは違う入浴の仕方があったり、温泉でチェスをする文化がある?!と聞いたので調べてみました。

ぜひ旅行のご参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

ハンガリーの温泉の歴史は?火山と関係があるの?
湖が温泉って?

実はハンガリーの温泉の歴史は古く、2000年の歴史を持ち温泉天国と言われるほど有名なんです。

阿部寛さん主演の映画『テルマエロマエ』の映画をご存知でしょうか?

terumae2 300x225 テルマエロマエ2のロケ地は?古代ローマと繋がったのは群馬県?

テルマエロマエのロケ地群馬県水上温泉
https://officehit-trend.com/thermae-romae-4792より引用

ハンガリーの温泉は、テルマエロマエの映画のような雰囲気のある温泉になります。

このハンガリーの温泉の規模は、日本のこじんまりとした落ち着いた雰囲気ではなく、プールのようなアミューズメント的な温泉と言えます。

なぜハンガリーにこれ程までに温泉が発達しているのか?火山に関係があるのでしょうか?

調べてみると、ハンガリーには火山は無く、非火山性の温泉が600箇所以上もあるそうなんです。

日本に比べるとその面積も壮大です。

特に大きな温泉で有名なのはヘーヴィーズ温泉湖東京ドームとほぼ同じ大きさの湖のような温泉があります。

https://tomothai.net/%E6%B5%B7%E5%A4%96%E3%81%AE%E6%B8%A9%E6%B3%89%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84%E3%81%AF%EF%BC%9F%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%B8%A9%E6%B3%89%E3%81%8C%E8%87%AA%E7%94%B1%E3%81%99/より引用

湖の底から温泉が湧き出ており、夏は35℃で冬は25℃と季節により温度が変わり、浮き輪をしながら入るのも特徴で、まさにプールですよね。

水着やエプロンを着けるって本当?

https://www.travel.co.jp/guide/photo/22214/1/より引用

旅行で訪れる際は、温泉だからといって全裸で入ってはいけませんよ!

日本には馴染みがありませんが、ハンガリーの温泉は男女別れておらず、水着着用となります。

昔は全裸で入っていたそうなのですが、その後はエプロンのようなタオルを女性は長めの丈、男性は下に巻けるような長さのもので隠して入るスタイルになったそうです。

ハンガリーの温泉は、プールが併設されている事も多くプールに入る際には水泳キャップが必要となります。

水着もキャップも現地で購入可能ですが、ヨーロピアンサイズになっている為、注意が必要です。

また、温泉の深さもあるので浮き輪も現地でレンタル出来ます。

冬の温泉でチェスが楽しめる?

ハンガリーの温泉は、温泉で親睦を深める場所としても使われている為、チェスをしている人もいれば、土曜などは、クラブのように、音楽が流れ楽しむスタイルが多いようです。

本当に日本でいうプールのような存在ですね。

まとめ

ハンガリーの温泉は日本とは考え方が違い、癒しや疲れを取るというイメージでは無くプールのようにアミューズメントの一環として使われているように思います。

旅行で訪れる際は、ぜひ古代ローマを感じられる温泉に入浴してみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする