ボクシングの階級一覧と日本人男子の歴代有名ボクサーの階級まとめ!

Pocket

私は27歳の時にボクシングを習い始めました。
もちろんプロになりたかったわけではありませんが、ただ強くなりたかったから、という理由で始めました。

やはりパンチを出すにもコツがあるのですね。
当たり前と言えば当たり前のことですが、少し教えてもらうだけで破壊力は相当なものになります。

パンパンとミット打ちしているとストレス解消にもなりますよ。

私はアトピー患者で汗をかくことは禁物と言われていましたが、汗をかくと代謝が良くなるのでしょうね、調子が良かったです。

スポンサーリンク

ボクシングの階級

ボクシングの階級は体重別で分けられています。

プロの階級は以下の通りです。

ヘビー級 =90.72Kg以上(200ポンド以上)

クルーザー級=79.38~90.72Kg未満(175ポンド~200ポンド)

ライトヘビー級=76.2㎏~79.38Kg未満(168ポンド~175ポンド)

スーパーミドル級=72.57㎏~76.20Kg未満(160ポンド~168ポンド)

ミドル級= (69.85㎏~72.57Kg未満(154ポンド~160ポンド)

スーパーウェルター級= (66.68㎏~69.85Kg未満(147ポンド~154ポンド)

ウェルター級= (63.50㎏~66.68Kg未満(140ポンド~147ポンド)

スーパーライト級=(61.24kg~63.50Kg未満(135ポンド~140ポンド)

ライト級 =(58.97㎏~61.24Kg未満(130ポンド~135ポンド)

スーパーフェザー級= (57.15㎏~58.97Kg未満(126ポンド~130ポンド)

フェザー級= (55.34㎏~57.15Kg未満(122ポンド~126ポンド)

スーパーバンタム級= (53.25㎏~55.34Kg未満(118ポンド~122ポンド)

バンタム級= (52.16㎏~53.52Kg未満(115ポンド~118ポンド)

スーパーフライ級= (50.80㎏~52.16Kg未満(112ポンド~115ポンド)

フライ級= (48.99㎏~50.80Kg未満(108ポンド~112ポンド)

ライトフライ級= (47.61㎏~48.99Kg未満(105ポンド~108ポンド)

ミニマム級= (47.61Kg未満(105ポンド未満)

日本の有名人(男子)の階級は?(返上含む)

そういえば渡辺二郎さんがコーチの友人で、ジムで見たことがあります。
渡辺二郎さんはWBAとWBCの世界スーパーフライ級王座でした。

(ボクシングには主要4団体 WBA,WBC,IBF,WBOがあります)

輪島功一 

WBA・WBC世界スーパーウェルター級王座
WBA・WBC世界スーパーウェルター級王座
WBA世界スーパーウェルター級王座

赤井英和

インターハイ・ライトウェルター級優勝
アジアジュニア選手権ライトウェルター級優勝

井岡一翔

日本ライトフライ級王座
WBC世界ミニマム級王座
WBA世界ミニマム級王座
WBA世界ライトフライ級王座
WBA世界フライ級王座

ガッツ石松

WBC世界ライト級王座

畑山隆則

東日本スーパーフェザー級新人王
全日本スーパーフェザー級新人王
第28代OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座
第34代日本スーパーフェザー級王座
WBA世界スーパーフェザー級王座
WBA世界ライト級王座

具志堅用高

WBA世界ライトフライ級王座

村田諒太

WBA世界ミドル級王座

井上尚弥

WBC世界ライトフライ級王座
WBO世界スーパーフライ級王座
WBA世界バンタム級王座

山中慎介

WBC世界バンタム級王座

長谷川穂積

OPBF東洋太平洋バンタム級王座
WBC世界バンタム級王座
WBC世界フェザー級王座
WBC世界スーパーバンタム級王座


亀田和毅 

WBO世界バンタム級王座
WBC世界スーパーバンタム級王座(暫定)


八重樫東

WBA世界ミニマム級王座
WBC世界フライ級王座
IBF世界ライトフライ級王座

井岡一翔

WBC世界ミニマム級王座
WBA世界ミニマム級王座
WBA世界ライトフライ級王座
WBA世界フライ級王座

亀田大毅

WBA世界フライ級王座
IBF世界スーパーフライ級王座

内藤大助

WBC世界フライ級王座

亀田興毅

WBA世界ライトフライ級王座
WBC世界フライ級王座
WBA世界バンタム級王座

薬師寺保栄

WBC世界バンタム級王座

辰吉丈一郎

WBC世界バンタム級王座
WBC世界バンタム級王座(暫定)

井岡弘樹

WBC世界ミニマム級王座
WBA世界ライトフライ級王座


鬼塚勝也

WBA世界スーパーフライ級王座


村田諒太

WBA世界ミドル級王座

まとめ

私が通っていたジムにもプロの選手がいましたが相当の努力の量で相当強かったです。

地区大会優勝選手とスパーリングをしましたが、まあ、当たらないですね 笑
目の前にいるのに、ですよ。

こぶしの長さだけ顔を避ければパンチは喰らわない、なんて教わりましたが簡単なものじゃなかったです 笑

地区大会優勝者でそれだけ強いのですから世界一強いとなればどれほど強いのか想像がつきません。

努力に勝る天才なし」と辰吉丈一郎さんが言われていたように、その努力たるや凄まじいものなのでしょう。

努力を継続できるいうのも才能のひとつなのでしょうね。

私が通っていたジムには女の子も年配の方もいらっしゃいました。

ボクシングというと野蛮なイメージがあるかもしれませんが、プロを目指しているわけではないのなら、適度に汗をかいて新陳代謝が良くなり、ストレス解消にもなります。

お近くのジムに見学に行かれてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする